• クレジットカードと現金払いはどっちがお得?

    最近よく耳にする言葉に「キャッシュレス」があると思います。

    キャッシュレスの意味はというと、現金ではなく、クレジットカードや電子マネーで支払いを行う事を指します。

    ですが、「クレジットカードなんて信用できない」「現金で払わないとお金を払った気がしない」などの理由でクレジットカードを利用されない方も多いです。

    「クレジットカードで支払っても現金で支払ってもお金を払うことには変わりないのだから同じだ」という方もいますが、どうせお金を支払うのだったら、よりお得な方法で支払いたいですよね。

    ではクレジットカードと現金での支払いはいったいどちらが得なのでしょうか。

    クレジットカードのメリット

    クレジットカードは今や様々な種類があります。

    クレジット払いをするとポイントがどんどんたまるお店や支払い時に値引きがされるなど、それぞれのカードに特徴があります。

    クレジットカードを作る際には、頻繁に利用するお店のカードを作って使った方がお得です。

    また、最近では持っているだけで色々なサービスを受けることができる、優待特典が付いているカードもあります。

    例えば、ドコモが発行してるdカードゴールドなどは携帯電話補償サービスが付いていて、万が一紛失や破損などがあった場合は最大10万円まで利用機種を補償してくれます。

    クレジットカードのデメリット

    やはりクレジットカードで一番怖いのは盗難・不正利用です。

    カード一枚を財布から抜き取られてもなかなか気がつきません。

    近年ではクレジットカードの盗難ではなく「番号盗用」もあります。

    オンラインショップの普及により、クレジット番号のみで買い物をする人が増えているため、番号盗用が増加しているのが一つの原因です。

    また、クレジットカードに対応していない店舗もまだまだ多いという点も挙げられます。

    現金を持たずに、クレジットカードだけ持って出かけても、クレカに対応していない店舗に行った場合はかなり不便です。

    現金払いのメリット

    現金払いの利点といえば、やはりその場で全て支払いが終わることです。

    クレジット払いだと支払いが後なので、うっかり忘れていて急な出費だと感じてしまうこともあります。

    そうなると逆に損をしたような気持ちにもなります。

    また、「現金払い値引き」などの売り文句もあるお店もあるので、そういうお店では現金払いの方がお得です。

    現金払いのデメリット

    現金払いのデメリットは、買い物するたびに現金を準備しなければならないことです。

    高額商品の購入があった場合、銀行まで現金を下ろしに行かなければなりません。

    また、現金を持ち歩くと紛失の可能性も高くなります。

    まとめ

    皆さんいかがだったでしょうか。

    クレジットカード、現金払いについてそれぞれまとめて見ました。

    それぞれにメリットとデメリットがありますので、どちらが良いとは言えませんが自分の生活スタイルにあったお金を支払い方法を見つけるのが一番です。

    ※おすすめ情報でレッツ現金化!(https://www.lets-genkinka.com/

    サイトマップ