• クレジットカードの審査が通らない時の様々な要因

    10月 18

    審査はあらゆる部分でチェックをしているのが現状

    クレジットカードの審査が通らないという方は、様々な要因が発生していますね。

    これらの要因を解消できないとクレジットカードの申込をした際、残念な結果になりやすいです。

    そこで、どのような要因が関係しているのか?

    原因を、簡単に説明させていただきます。

    収入面に問題がある方は注意

    収入があまりにも少なすぎる方は、クレジットカードを発行している会社に対し、不安を与えやすいです。

    特に、一定以上のお金を毎月稼ぐことができていない方は、返済が滞納する危険性があるのでどうしても敬遠されやすいです。

    一時的な収入ではなく、あくまで毎月得られる収入がポイントになります。

    とはいっても、それほどハードルが高いものでもありません。

    要は、アルバイトでもいいので、しっかりと給料をもらって働いているかどうか。

    これだけで収入面で問題がなくなるので、クレジットカードの審査に良い影響を与えやすくなります。

    個人の信用情報がキズついている方は要注意

    過去に遅延や滞納を繰り返し発生させてしまった方は、個人の信用情報にキズがついている可能性が高いです。

    そのような状況でクレジットカードの申込をしても審査を通過するのが難しいです。

    返済滞納、返済不可のリスクが高い人物として判断されるため、極力、このような状況の時にクレジットカード申込は避けないといけませんね。

    また遅延や滞納だけではなく、過去に債務整理をした方は平均で5年ほど個人の信用情報にキズがついています。

    キズを回復させるためには、期間が経過することで少しずつ回復していき、最終的には他の方同じように問題ない状態まで個人情報を回復させることは可能です。

    回復してからクレジットカード申込をすれば、信用情報に問題がないので少しでも通らない状況を回避できますよ。

    職業によっては断られる可能性

    常に命の危険がある職業、もしくは安定した収入を確保しにくい職業の方は、他の方よりもクレジットカードの審査が通りにくいですね。

    リスクの高い職業の場合、安定した収入を確保できなくて滞納の危険があると判断されるのが関係しています。

    どうしても通らないという場合は、転職を検討するのも一つの方法ですよ。

    その他にも他のクレジットカードを選択すれば、同じ職業でも審査を通過できるチャンスが発生します。

    審査の基準は、クレジットカード発行会社で異なっているので、諦めずに申込をすることが大切です。

    リスクの少ない人物としてアピールすること

    クレジットカードが通らなくて悩んでいる方は、必ず要因があるので、まずは分析することが必要ですね。

    そして発生している要因を解消してから、再びクレジットカードの申込みをすることで、通過できる確率がアップします。

Comments are closed.